【アコギ用】カポタストとは?初心者でもわかる使い方を徹底解説

アコースティックギターを始めると、カポタストという道具を耳にすると思います。

しかし、「カポタストって何をする道具なの?」「どうやって使えばいいの?」など、アコギを始めたばかりで、カポタストについて教えて!という方も多いのではないでしょうか?

カポタストは、アコギ演奏(弾き語り)に欠かせません。

この記事では、カポタストがどのような道具なのか?や使用するメリット、実際の使い方などをご紹介します。

この記事を読んで、カポタストについて勉強していきましょう!

アコギを始めるために必要なもの”がまだ揃っていない方は、>>【初心者】アコギを始めるために必要なものとおすすめ【保存版】をご覧ください。

本記事の内容

  • ポタストの役割がわかる
  • 実際の使い方や注意点がわかる
  • アコギ初心者におすすめのカポタストを紹介
広告

カポタストとは?

カポタストとは?

カポタストとは、ギターのフレットに取りつけることで簡単にキーチェンジが行える道具です。(一般的に省略して”カポ”と呼ばれています。)

使い方はとても簡単で、譜面に「capo1」と書かれていれば、ギターの1フレットにカポタストを取り付けます。

◆ capo〇←このまるに入る数字がフレット数を表します。

・「capo2」→ギター2フレット
・「capo3」→ギター3フレットetc

カポを装着するフレット数によって、キーの高さ変わる仕組みです。

フレット数に応じて、なぜキーの高さがかわるのか?は【コードフォームが簡単になる】にてご説明します。

また、一般的なギターのチューニングは、【E・A・D・G・B・E】です。

一般的なチューニングで、#(シャープ)♭(フラット)が多用される曲の演奏をする場合、以下のような制約が出てきます。

  • ミュートする弦が多い
  • ミュートが複雑
  • セーハする事が多い(バレーコードが多い)

回避策として、弦ごとにチューニングする方法がありますが、曲ごとに毎回チューニングを変更していたらとても面倒ですよね。

カポタストを使うと、上記の方法を簡易的に行うことができます!

カポタストをつけるメリット

カポタストを使うと、主に2点のメリットがあります。

  1. コードフォームが簡単になる
  2. 音色が変わる

コードフォームが簡単になる

通常、コードの変更(キーを上げたり下げたり)は、全音半音の理論を理解したコードチェンジが必要ですが、カポを使えばそういったややこしい作業を省いてキーチェンジすることができます。

B→1フレットカポ=A
例:BmやFなどのバレーコードをカポタストでキーチェンジすると抑えやすいコードにできる。

多くのコード譜サイトでは、カポタストのチェンジを行う項目があり、初心者でも分かりやすく使いやすいです!

バレーコードなど抑えるのが難しい場合でも簡単なコードに変えられるので、アコギを始めたばかりの方には特に重宝する道具と言えるでしょう。

もちろん、アコギ初心者に限らず、アコギ奏者(弾き語り)にとってカポタストは演奏を助けてくれる大事な道具です。

Point

★カポタスト=セーハ代行器具のようなもの。(一本の指で複数の弦を抑えること)

人差し指の代わりに、1~6弦までをカポタストがセーハしている状態になる。そのため、カポタストをつけたフレットが【0フレット目】として仮定が可能。
→capo1なら、ギター全体の音が半音上がった状態になる。これによりコードがチェンジされる。

音色が変わる

カポタストを付けると、アコギの音質が変わります。

これは、カポタストが1~6弦までセーハしているため、必然的にギターの最低音が上がるからです。

カポをつける位置が高くなればその分だけ音が高くなり、以下のようなギター特有の音質変化が出てきます。

  • 全体の音量が小さくなる
  • 音の伸びが悪い
  • 詰まったような音に聞こえる

実際にcapoなしcapo6の音の違いを聞き比べてみましょう。

Em capoなし
Em capo6

いかがですか?音の響きも明るさも全然違いますよね!

一見、音質変化はデメリットのように感じますが、煌びやかな音にしたいときや軽快な曲を作りたい場合には有利に働きます。

同じキーの同じコード進行でも、カポをつけた時とつけていない時では響きが全く違うのはおもしろいですね。

カポタストの実際の使い方

カポタストの実際の使い方

次に、実際のカポタストの使い方について確認していきましょう。

写真も交えながら解説してきます!

装着時の注意点

カポタスト装着時の注意点として、下記2点が上げられます。

  1. フレットに対して垂直に取り付ける
  2. フレットの端(ギリギリ)につける
ただしいつけ方〇
ただしいつけ方〇
間違ったつけ方✕

斜めやフレットから離れた場所に装着すると、実際に演奏したときに「ビーン」という音がでることがあります。俗に言われる『ビビり』というやつですね。

しかし、真っ直ぐの装着だと、B7など特定のコードを弾く際に「カポタストが邪魔で弦を抑えられない」というケースがあります。

コードが抑えられない対策としてカポを斜めにつける場合もあるので、演奏方法によって使い分けていくことが必要です。

楽譜でキーチェンジ

カポタストのつけ方はお分かり頂けたと思いますが、カポをつけた時のコードがどのように変わるのか?気になりますよね。

インターネット上のコード譜サイトの多くが、カポを使ったキーチェンジ項目が用意されています

有名な【U-フレット】であれば、プルダウン式で簡単にキーチェンジが可能です。

【U-フレット】カポのプルダウン

また、「曲名 ギターコード」で検索すれば、予め初心者用に弾きやすくキーチェンジ(カポあり)された楽譜が出てきたりもします。

自分自身でカポタスト移調する場合は以下の表を参考にどうぞ!

※画像タップで大きくできます。

カポタスト移調表

カポタスト移調表

移調表が右→に行くほど音は高くなります!

カポタスト移調表『#& ♭』

カポタスト移調表『#& ♭』
「capo5~capo7」は高く響きのない音質変化 が強く出ますが、曲によってはとても素敵な仕上がりになります。
「capo8~capo11」だと、弦を抑えるのが難しく演奏に不向きのため、あまり使われません。

おすすめの無料コード譜サイト

おすすめの無料コード譜サイト

アコギ弾き語りにおすすめのコード譜サイトを3選ご紹介します。

全部無料で閲覧できるので、ぜひ活用ください!

おすすめサイト①:『U-フレット』

おすすめサイト①:『U-フレット』

ギター・ピアノ・ウクレレ・バンドスコアが見放題のコード譜サイトで、 説明動画や初心者用verなど、アコギ始めたてでも使いやすいのが特徴です!

おすすめサイト②:『楽器.me』

おすすめサイト②:『楽器.me』

国内最大級の登録数を誇り、洋楽・邦楽のギターコードを無料で楽しめます。

おすすめサイト③:『ChordWiki』

おすすめサイト③:『ChordWiki』

歌詞付きのコード譜をWikiで共有しているサイトです。J-POP、アニソン、VOCALOIDオリジナル等さまざまなジャンルの曲を多数掲載されています。

男性の曲を女性がカバーする場合、一般的に「キーを4~5個上げ」すると良いそうです。女性の曲を男性が歌う場合は、その反対の「キーを4~5個下げ」で対応できますね!

カポタスト選びのポイント

カポタスト選びのポイント

カポタストの使い方がわかった次は、カポタストの選び方を見ていきましょう。

カポタストは選びは、以下のポイントに注意が必要です。

  • アコギ専用のカポタスト
  • 5つの種類

この2つのポイントを詳しく説明いたします!

カポタストの選び方

ギターには、アコギ、クラシック、エレキギターがあるように、カポタストもそれぞれ専用のカポタストがあります。

ギターに合わせたカポを使わないと、弦がビビったり綺麗な音がでなかったりそもそもカポの長さが足りないなどの原因に繋がるので、必ず専用のものを選ぶことが大切です。

また、カポタストは以下の5種類に分けられます。

  1.  バネ式
  2. レバー式
  3. ネジ式
  4. ベルトゴム式&ひも式
  5. 特殊タイプ変則タイプ

それぞれにメリット・デメリットがあるので、演奏スタイルに合わせてタイプを選ぶと良いです。

各カポタストの特徴については、>>【おしゃれで優秀!おすすめカポタスト6選】にて詳しく解説しています。

初心者におすすめのカポタスト

カポタストは数多くの種類があってどのタイプを選べばいいか迷いがちですが、「バネ式」もしくは「レバー式」の商品が使いやすくておすすめです。

今回はその中でも、特にアコギ初心者におすすめの『Kyser(カイザー)』と『G7th』をご紹介します。

それぞれの商品詳細や評価もまとめているので、併せて確認していきましょう!

『Kyser(カイザー)』と『G7th』は、ミュージシャンの中でも愛用者が高く評価も良いので、どちらか一つ持っておけば安心です^^

おすすめ①:『Kyser(カイザー)』

Kyser KG6
created by Rinker

■商品詳細
・平均額:2,000円~3,000円
・カラーが豊富
・バネ式で初心者でも使いやすい

片手で簡単に取り付け、取り外しができるので使いやすくて重宝しています。素早くキーチェンジしたいときにも便利です。

なんといってもカラーバリエーションが豊富!!無難な色からめちゃめちゃおしゃれなカラーまで、年齢層を選びません。価格が安いから、いくつも集めたくなります。

おすすめ②:『G7th』

G7TH PERFORMANCE 3 ART CAPO
created by Rinker

■商品詳細
・平均額:4,500円~5,500円
・使いやすくチューニングも安定している
・ミュージシャンに愛用者が多い

少し値段が張るけど、それだけの価値がある高品質なカポタスト。カポを付けた演奏でも、チューニングが安定しているので、LIVEでも活躍してくれます。

シルバー・ブラック・ゴールドのシンプルかつスタイリッシュな3種類なので、どれを使ってもかっこいい。弦を抑える力も程よく、常に安定しているので、このカポから離れられません。

まとめ

カポタストを使うメリットから実際の使い方、おすすめ商品をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

カポタストを使うと、複雑なコード進行や抑えるのが難しいコードが簡易的になり、演奏が楽でスムーズになります。

うまくキーチェンジさせることで、バレーコード(セーハが必要なコード)がない簡単なコードに変わるので、アコギ初心者の方はカポを使っていろいろな曲に挑戦することができるでしょう。

また、カポを装着するとコードの響きが変わり明るく感じたりします。

曲の雰囲気を大事にしながら使う、使わないを決めると良さそうです。

この記事を参考に、音楽ライフをより豊かに楽しんでください!

最新情報をチェックしよう!
広告