【超優秀】おしゃれ&プロ並みデザイン作成ならCanvaアプリ

毎日のSNS投稿やイベントのフライヤーなど、「オシャレで目を引くような告知を作りたいけど、作り方がわからない」そんな悩み、ありませんか?

Canvaは、そんな悩みえを解決できるアプリの一つです。

この記事では、無料(一部機能は有料)で使えて、オシャレ&簡単に色々なデザインを作成できるCanvaアプリをご紹介していきます。

どのような機能があるのか、どんなものが作成できるのかも詳しく紹介しているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください!

本記事の内容

  • 【Canva】アプリについて
  • 【Canva】フリープランと有料プラン
  • 【Canva】が利用できる機器
  • 【Canva】おすすめの機能
広告

【Canva】はどんなアプリ?

【Canva】はどんなアプリ?

Canvaは、オンラインで使える無料のグラフィックデザインツールで、誰でも簡単に本格的なデザインを作成できるアプリです。

テンプレートが豊富なことはもちろん、デフォルトで入っている素材はオシャレなものが多く、今どきで目を引くようなデザインを作成したい方におすすめのアプリと言えます。

知識が無くても視覚的に作成できるので、本当にプロ並みのデザインが簡単に作れちゃいます。

【Canva】無料で使える?

Canvaには、フリープロ(有料版)がありますが、フリーのままでもいろいろなデザインを作成できます!

また、開始してから何ヶ月・何年までは無料などの縛りはなく、ずっとフリーのままです。
(2021年時点)

フリープロ
・ずっと無料

・25万点を超える無料テンプレート

・100種類以上のデザインタイプ(ソーシャルメディアの投稿、プレゼンテーション、手紙など

・数多くの無料の写真とグラフィックス

・メンバーをチームに招待する

・リアルタイムでのコラボレーションやコメント

・5GBのクラウドストレージ
・無料の機能に加えて、以下をご利用いただけます。

・1億点を超えるプレミアムストック写真、動画、オーディオ、グラフィック

・常に新しいデザインが追加される、61万点以上のプレミアムテンプレートと無料テンプレート

・最大100個のブランドキットを使用して、ブランドやキャンペーンの色、ロゴ、フォントを簡単に保存して適用

・背景リムーバで、写真の不要な背景を瞬時に削除

・マジックリサイズ機能でデザインのサイズを自由に変更

・チームが使用するテンプレートとしてデザインを保存

・100GBのクラウドストレージ

・8つのソーシャルメディアプラットフォームにコンテンツを予約投稿

一部のテンプレートや素材に有料の物がありますが、クレジットで欲しい素材だけ都度購入することもできますし、プロ版にしてすべての機能を利用する事もできます。

フリーのままで利用、有料素材は欲しいものだけ都度購入する、有料のプロ版で全機能の開放など、選択肢が多いので、自身にあった使い方ができるのは本当にありがたいです!!

【Canva】複数人で使える?

Canvaは、個人(1人)での利用もできますし、チーム(複数人)で共有して利用することも可能です。

チーム機能を使えば、

  • 瞬時のコメント投稿
  • チームメンバーのタグ付け
  • タスク割り当て
  • フィードバック送信
  • デザイン共有
  • 提案の解決を実行

などなど、場所や時間を問わず、あらゆるデバイスから最高のデザインをみんなで作りあげることができます。

ひとつのデザインを共有・共同で作成できるのはとっても便利ですね。

また、無料版チームCanva Proのチームの2種類があり、無料版チームはCanvaのユーザーなら誰でも利用することが可能です。

チームは、自分を含めた最大3,000人が参加でき、それぞれに管理者などの役割を割り当てられます。

編集できるのはこの役割以上で閲覧は全員など、アクセスを役割ごとに制限することもできるので安心です。

Canva Proでは、有料版にはない機能が利用できたり、メンバーにテンプレートデザイナーの役割を割り当てることができます。

Canva Proの機能をさらにもっと詳しく知りたい!という方は、こちらから確認ください。

【Canva】プロ版の値段

Canvaのプロ版(有料プラン)は、月購入または年購入が可能です。

また、利用する人数に応じて料金が変わります。

利用できる人数【毎月】【年単位】
1~5人・1,500円/月
・1人あたり:300円
・12,000円/月
・1人あたり:200円
10人・5,500円/月
・1人あたり:550円
・42,000円/月
・1人あたり:350円
15人・9,500円/月
・1人あたり:633円
・72,000円/月
・1人あたり:400円
50人・37,500円/月
・1人あたり:750円
・282,000/月
・1人あたり:470円
カスタム(人数によって料金変動)(人数によって料金変動)

大規模なチームでもっとCanvaを活用したい!という場合は、エンタープライズというプランがあるので、気になる方はチェックしてみてください。

>>>Canvaエンタープライズについて公式ホームページを確認

Canvaエンタープライズは企業向けのサービスですね!

一人でプロ版を利用するよりも誰かと共有して利用したほうが、1人あたりの費用は安いです。

素材やテンプレートのクレジットが、ひと月で1,500円を超えるようであれば、プロ版(有料)に切り替えるのがよさそうですね!

【Canva】スマホでもPCでも使える

Canvaアプリは、PC(Windows/Mac)・android・iPhone・iPadなど、多様な機器で利用できます。

機器ブランド名アプリ名
PC・Windows
・Mac
Canva for Windows
Canva for Mac
スマホ・android
・iPhone/iPad
Canva for Android
Canva for iOS

同じアカウントを利用すれば違う機器でもデザインを共有できるので、移動中にスマホで作成したものをPCの大きい画面で確認するということもできますね!

【Canva】おすすめの機能

【Canva】おすすめの機能

Canvaは、ポスターカード、ブログヘッダー、スマホ動画、ロゴ制作などなど、数多くの作成が可能です。

今回はそんな豊富なテンプレートの中から音楽活動に役立つ機能として、【名刺】【フライヤー】【CDジャケット】【SNS】に注目してご紹介します。

【Canva】その①名刺が作れる

Canvaでは、以下の3種類から好きな形のテンプレートを選べます。

  1. 名刺(横型)
  2. 名刺(正方形)
  3. 名刺(縦型)

以下は実際のテンプレートの一部です。

これ以外にもたくさんのテンプレートがあります!

テンプレート選んで進めると、上記写真のように1と2で表と裏のデザインを修正&変更させることが可能です。

画像・文字・フォント・カラーの変更や素材の追加などを自分好みに変えられることはもちろん、QRコードの追加もできます。

作成した名刺は、そのまま発注することもできるのとても便利です。

実際に利用してみたところ、以下の詳細を選択や枠の設定を①~④のstep順に進めていき、簡単に注文できました。

印刷注文時に選択する項目
  • 上質紙 or 普通紙
  • マット仕上げ、光沢仕上げ、コーティングなし
  • 50枚から最大2,000枚の中から必要な枚数

注文した商品は、2~3営業日での発送、住所や天候状況にもよりますが、数日から1週間前後で届きます。

【Canva】その②おしゃれなフライヤー

チラシ・ポスター・おしらせなどのテンプレートを使って、おしゃれなフライヤーの作成が可能です。

選ぶテンプレートによって、大きさやデザインは異なるので、自分の好みに合ったものを探してみましょう!

また、作成したフライヤーの画像は、JPEGやPINGなど形式を選んでダウンロードできるので、そのまま各SNSに投稿してフォロワーへのお知らせをしたり、印刷したりなどさまざまな用途に使えてとても便利です。

【Canva】その③CDジャケット作成

CDジャケット(アルバムカバー)の作成も簡単に行えます。

下記のように検索バーに「アルバムカバー」と入力すると、CDジャケット用のいろいろなテンプレートが出てきます。

イメージに合うテンプレートが見つかったら、好きな画像や文字、アルバム名などをカスタマイズしていくだけで、自分だけのオリジナルアルバムカバーを制作することが可能です。

作成したアルバムカバーをそのまま音楽配信サービス(サブスク)で使用できるので、早ければ数時間でリリース準備を整えることができますね!(※画像サイズの変更が必要な場合があります)

おしゃれでクールだったり、暖かい可愛らしいイラストなど、色々な画像のテンプレートがあってプロ顔負けのアルバムカバーが作れます!
もちろん、自分で作成した画像や写真と差し替えることも可能です。

【Canva】はSNS投稿にも強い

【Canva】はSNS投稿にも強い

Canvaは、今人気のSNS専用テンプレートも豊富です。

Instagramのそれぞれの機能に合わせたテンプレートやさまざまなSNS等のヘッダー、そして動画まで、幅広く対応しています。

どのように使えるのか、こちらも詳しく解説していきます!

SNSその①Instagram投稿

Canvaを使用して、Instagramの「投稿」はもちろん、「ストーリー」「フォトコラージュ」「リール」ごとにテンプレートが用意されています。

Instagramの中でも、通常の投稿やストーリーで画像サイズが全然違いますよね?

Canvaなら、それぞれの機能のサイズに合わせてテンプレートが用意されており、それぞれの投稿作品を一つのアプリで作成することができます。

Instagramの他にも、TwitterFacebookPinterestなど、今人気の各SNS用のテンプレートがあるので、SNS運営をしている方に重宝すること間違いないでしょう。

SNSその②ヘッダーの作成

TwitterFacebookブログのヘッダー用のテンプレートも豊富です。

本記事のアイキャッチ画像も、Canvaアプリを使用して作成しました!

アイキャッチのテンプレートは、はてなブログ用のものなので、ワードプレス用だと少しサイズが小さいですが、特に気にはならないです。

「他の画像素材と比較したときに大きさが違うのが嫌だ!」という方は、記事内に埋め込む画像もCanvaで作成して統一してしまっても良さそうですね。

フリー素材の画像だと、他のブログで使用されているのをよく目にします。Canvaならオリジナルのアイキャッチ&画像を作成できるので、唯一無二のブログにできますね!

SNSその③動画もOK

SNS投稿する動画も下記のようにおしゃれな感じに作れます。

上記の画像は既存テンプレートのものですが、自分が撮影した動画に置き換えても周りにある文字やスタンプはそのまま残りますし、タブ追加して動画の尺を増やしたりなど、アレンジの仕方はさまざまです。

また、YouTubeの動画の最後に流れる「subscription」の案内のテンプレートもあります。

「subscription」を促すテンプレートも豊富で、動画にあわせて毎回変えてみるのもいいですし、どれかひとつで統一感を出すのもよさそうですね!

まとめ

Canvaの機能や特徴についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

フリープランのままでも申し分なく機能を使えて、いろいろなテンプレートを利用することができます。

有料の素材やテンプレートを使いたい場合はその都度クレジット購入してもいいですし、たくさんテンプレートを作成したり複数人と編集を共有したい場合は、プロ版(有料プラン)への切り替えを考えてみても良さそうです。

”Canvaを使えば制作の幅が広がること間違いなし”なので、この記事を参考に、まだ使ったことのない方や気になっている方は、ぜひお試しください!

最新情報をチェックしよう!
広告