【超優秀】おしゃれ&プロ並みデザイン作成ならCanvaアプリ

毎日のSNS投稿やイベントのフライヤーなど、「オシャレで目を引くようなものを作りたいけど、作り方がわからない」そんな悩みを持つ方、多いのではないでしょうか?

webデザイン関係の仕事や周りに詳しい人がいれば便利なソフトやアプリの情報をいち早くキャッチできますが、そうでない場合はなかなか知る機会がないものです。

この記事では、無料(一部機能は有料)で使えて、オシャレ&簡単に色々なものを作成できる【Canva】をご紹介します。

どのような機能があるのか、どんなものが作成できるのかも詳しくご紹介しているので、ぜひ最後までお読みください!

広告

【Canva】はどんなアプリ?

【Canva】はどんなアプリ?

Canvaは、オンラインで使える無料のグラフィックデザインツールで、誰でも簡単に本格的なデザインを作成できるアプリです。

テンプレートが豊富なことはもちろん、元々の素材がオシャレなものが多く、今どきで目を引くようなデザインを作成したい方におすすめのアプリになります。

知識が無くても視覚的に作成できるので、本当にプロ並みのデザインが簡単に作れちゃいます。

【Canva】無料で使える?

Canvaには、フリープランプロ版がありますが、フリープランのままでもいろいろなデザインを作成できます!

また、開始してから何ヶ月・何年まで無料などの縛りはなく、ずっとフリーのままです。

フリープランプロ版


・ずっと無料
・25万点を超える無料テンプレート
・100種類以上のデザインタイプ(ソーシャルメディアの投稿、プレゼンテーション、手紙など)
・数多くの無料の写真とグラフィックス
・メンバーをチームに招待する
・リアルタイムでのコラボレーションやコメント
・5GBのクラウドストレージ
※無料の機能に加えて、以下をご利用いただけます。

・1億点を超えるプレミアムストック写真、動画、オーディオ、グラフィック

・常に新しいデザインが追加される、61万点以上のプレミアムテンプレートと無料テンプレート

・最大100個のブランドキットを使用して、ブランドやキャンペーンの色、ロゴ、フォントを簡単に保存して適用

・背景リムーバで、写真の不要な背景を瞬時に削除

・マジックリサイズ機能でデザインのサイズを自由に変更

・チームが使用するテンプレートとしてデザインを保存

・100GBのクラウドストレージ

・8つのソーシャルメディアプラットフォームにコンテンツを予約投稿

一部のテンプレートや素材に有料の物がありますが、クレジットで欲しい素材だけ都度購入することもできますし、プロ版にしてすべての機能を利用する事もできます。

フリーのままで利用、有料素材は欲しいものだけ都度購入する・有料のプロ版で全機能の開放など、選択肢が多いので、自身にあった使い方ができるのは本当にありがたいです!!

【Canva】チームで利用できる?

Canvaは、個人(1人)での利用もできますし、チーム(複数人)で共有して利用することも可能です。

チーム機能を使えば、

  • 瞬時のコメント投稿
  • チームメンバーのタグ付け
  • タスク割り当て
  • フィードバック送信
  • デザイン共有
  • 提案の解決を実行

などなど、場所や時間を問わず、あらゆるデバイスから最高のデザインをみんなで作りあげることができます。

ひとつのデザインを共有・共同で作成できるのはとっても便利ですね。

また、無料版チームとCanva Proのチームの2種類があり、無料版チームはCanvaのユーザーなら誰でも利用することが可能です。

チームは、自分を含めた最大3,000人が参加でき、それぞれに管理者などの役割を割り当てられます。

「編集できるのはこの役割以上」で「閲覧は全員」など、アクセスを役割ごとに制限することもできるので安心です。

Canva Proでは、有料版にはない機能が利用できたり、メンバーにテンプレートデザイナーの役割を割り当てることができます。

Canva Proの機能をさらにもっと詳しく知りたい!という方は、こちらから確認ください。

【Canva】プロ版の値段

Canvaのプロ版(有料プラン)は、月購入または年購入が可能です。

また、利用する人数に応じて料金が変わります。

人数料金:【毎月】料金:【年単位】
1~5人・1,500円/月
・1人あたり:300円
・12,000円/月
・1人あたり:200円
10人・5,500円/月
・1人あたり:550円
・42,000円/月
・1人あたり:350円
15人・9,500円/月
・1人あたり:633円
・72,000円/月
・1人あたり:400円
50人・37,500円/月
・1人あたり:750円
・282,000/月
・1人あたり:470円
カスタム(人数によって料金変動)(人数によって料金変動)

チームが大規模で、もっとCanvaを活用したい!という場合は、エンタープライズというプランがあるので、気になる方はこちらをどうぞ。

Canvaエンタープライズは企業向けのサービスですね!

1人でプロ版を利用するよりも誰かと共有して利用したほうが、1人あたりの費用は安いです。

プロ顔負けデザインの豊富なテンプレートやデザインを知識なく簡単に作れるので、その機能をすべて利用できると考えると決して高くはないように思います。

素材やテンプレートのクレジットが、ひと月で1,500円を超えるようであれば、プロ版(有料)に切り替えるのがよさそうですね!

【Canva】スマホでもPCでも使用可能

Canvaアプリは、PC(Windows/Mac)・android・iPhone・iPadなど、多様な機器で利用できます。

機器ブランド名アプリ名
PC・Windows
・Mac
Canva for Windows
Canva for Mac
スマホ・android
・iPhone/iPad
Canva for Android
Canva for iOS

同じアカウントを利用すれば違う機器でもデザインを共有できるので、移動中にスマホで作成したものをPCの大きい画面で確認するということもできますね!

【Canva】おすすめ機能3選

Canva】おすすめ機能3選

Canva機能には、ポスターカードブログヘッダースマホ動画ロゴ制作などなど、数多くの作成が可能です。

今回はそんな豊富なテンプレートの中から音楽活動に役立つ機能として、【名刺】【フライヤー】【CDジャケット】【SNS】に注目してご紹介します。

【Canva】その①名刺が作れる

上記画像のように【名刺】で検索すると、たくさんのテンプレートが出てきました。

今回、ご紹介しているのは、良く見る「横型」のテンプレート画像になりますが、それ以外にも「縦型」や「正方形」など、自分の好みにあった型を選べます。

裏・表でデザインの変更ができて、QRコードやアイコン(素材)を挿入できたりもするので、世界に一つだけのオリジナル名刺の作成が可能です。

SNSの情報をQRコードにできるので、便利&おしゃれですね!

【Canva】その②おしゃれなフライヤー

フライヤーのテンプレートは、【母の日】や【クラブ】など用途にあわせたものが印象的です。

フライヤーも、縦・横の型を選択でき、完成しているデザイン自体を編集して自分用にカスタマイズするだけなので、本格的なチラシを作成できちゃいます。

有料素材には、3枚目の上部写真のように、「Canva」と網掛けのようなデザインが表示されるので、とても分かりやすいです。

また、有料素材を別の素材や写真に変更して、有料のアイテムをなくしてしまえば、そのままダウンロードして利用することもできます!

【Canva】その③CDジャケット作成

CDのジャケットは、【CD】や【アルバムカバー】で検索すると専用のテンプレートが出てきます。

実際に、音楽配信で使用するためのアルバムワークを自身で作成したモノが3枚目です!

また、ダウンロードするときの画像サイズは「1400 × 1400 px」だけなので、サイズ変更をしたい場合は、別のアプリを使用するか、クレジットを支払いましょう。

画像品質を変更したい場合もクレジットが必要ですね!

【Canva】はSNS投稿にも強い

【Canva】はSNS投稿にも強い

Canvaは、SNS運用にも最適なテンプレートが豊富です。

「SNSの投稿を統一するために、テンプレートを用意したい!」「おしゃれな記事を作成したい」という人に、とってもおすすめな機能がいっぱいあります。

今回は、SNSの中から「Instagram投稿」「ヘッダーの作成」「動画」をご紹介するので、確認していきましょう!

SNSその①Instagram投稿

Canvaスマホ版の画像ですが、アプリを起動させた最初の画面上部に、「SNS」や「プレゼンテーション」などの項目から【SNS】を選び【Instagram】を選択すると、専用のテンプレート一覧を見ることができます。

Instagram専用テンプレートには、以下6つの機能に合わせた投稿の作成が可能です。

  1. 投稿
  2. ストーリー
  3. 広告
  4. リール動画
  5. アニメーションを利用した投稿
  6. フィード広告

一つのアプリですべての機能に合わせた投稿を作成できるので、本当に重宝します!

SNSその②ヘッダーの作成

Canvaを使えば、ブログサイトの【アイキャッチ】や【ヘッダー画像】の作成だって楽々行えます!

本ブログサイトのブログバナー画像もCanvaで作成しました。

はてなブログ用のサイズなので、他サイトからダウンロードしてきた画像と比べると、若干小さいですが、Canva作成に統一してしまえば全く気になりません。

ヘッダー画像の作成もできるので、これからブログ運営を考えている人やバナー画像を統一させたい人におすすめです。

SNSその③動画もOK

Canvaでは、SNSで人気の動画を組み込んだ投稿や動画自体の作成もできます!

2022年の現時点では、以下の13のテンプレートが用意されています。

  1. 動画
  2. Facebookビデオ
  3. 動画メッセージ
  4. スマホ動画
  5. YouTube動画
  6. ビデオコラージュ
  7. YouTube動画広告
  8. フィード広告動画(縦長)
  9. スライドショー動画
  10. Instagramリール動画
  11. Linkedlnビデオ広告
  12. TikTok用動画
  13. Pinterest動画

友達やイベントごとで使える動画のテンプレートから、YouTubeやTikTok等、今人気の動画ストリーミングサービスに投稿できるものまで、幅広い動画の作成が可能です。

これだけ、たくさんのテンプレートが揃っていて、無料のままでも使用できるので、使わない手はないですね!

まとめ

Canvaアプリの機能や魅力をご紹介してきましたがいかがでしか?

【名刺】【動画】【SNS投稿用記事】【CDジャケット】【ブログヘッダー】以外にも、本記事で紹介できなかったテンプレートはまだまだたくさんあります。

ひとつのアプリで、視覚的&簡単に、これだけのデザインを作成できるのは本当に便利ですね。

必要な有料素材だけクレジットしたり、たくさん利用するようであれば有料プランへの変更も視野に入れてみるのもおすすめです。

フリー(無料)のままでも、色々なデザインを作成できるので、ぜひ挑戦してみて下さい!!

Please follow me
広告