【コーヒー用】おしゃれなマイボトル7選!メリットや選ぶ時のポイントを解説

毎日コーヒーを飲むなら、マイボトルで持ち運ぶのがおすすめです。マイボトルを使うことで、コーヒー1杯が割引されたり、いつでも美味しいコーヒーが飲めたりと、多くのメリットに繋がります。

また、おしゃれなコーヒー用ボトルを持つと気分が上がりますし、周りからも”小物に気を配れるおしゃれで素敵な人”なんて一目置かれるかも。

この記事では、マイボトルにするメリットや選ぶ時のポイント、またマイボトルにしたときの注意点を詳しく解説していきます。

また、コーヒー専用のおすすめマイボトル7選を【200ml~】【300ml~】【400ml~】の3サイズカスタマイズ編に分けてご紹介しているので、最後までご覧ください!

この記事でわかること

・マイボトルに変えることで得られるメリット
・コーヒー用のマイボトルを選ぶ際のポイント
・マイボトルを使用する際の注意点
・おしゃれなコーヒー用マイボトル7選

広告

マイボトルにするメリットとは?

O-DAN

マイボトルを持参すると割引が受けれたり、ドリンク代の節約・時間が経ってもおいしいコーヒーが飲めるなど、さまざまなメリットがあります。

また、マイボトル割引が受けられるお店もまとめたので見ていきましょう。

マイボトル持参はコンビニやカフェでお得

コンビニやスターバックスなどのカフェチェーン店にマイボトルを持参すると、通常価格より割引された値段でコーヒーが飲めます。

カフェチェーン店
  • お店と割引額
    • スターバックス…20円値引き
    • タリーズ…30円値引き
    • エクセルシオール…30円値引き
    • カフェ・ド・クリエ…30円値引き(テイクアウトのみ)
    • シアトルズベストコーヒー…20円値引き
    • ニューヨーカーズカフェ…20円値引き
    • セガフレードザネッティ…20円値引き
    • BLENZ COFFEE…20円値引き
    • 上島珈琲…50円値引き
コンビニ
  • お店と割引額
    • ローソン「Machi cafe」…10円値引き

マイボトル割引が適用されるカフェチェーン店は、意外にもこんなに多くあります。コンビニは現時点でローソンのみなので、今後の展開に期待したいですね!(2021年時点)

また、多くの方が店舗指定のボトル(タンブラー)でないと割引対象にならないと思われていますが、実際にはそのような指定はありません。ほとんどのカフェでドリンクを入れてくれます。

スターバックス公式ホームページにも以下の記載があります!

ドリンクをご購入の際、ご自分のタンブラーやマグカップをお持ちいただくと、資源の節約にご協力いただいたお礼として、本体価格から20円値引します。
※弊社商品以外も適用可。
なお、一度ご使用になったペーパーカップやコールドカップは値引き対象外となります。

出典:スターバックス よくあるご質問・お問い合わせ先【ドリンクのカップ値引きについて知りたい】

また、Twitterではこのようなツイートが有りました。

他社製品のボトルが理由で断られることはないんですね!

スターバックスのグランデサイズは470mlなので、マイボトルは500mlサイズが必須です。サイズの大きさはカフェによって異なるので、予め容量を確認することが大切ですね。

マイボトルで節約

毎日コンビニで缶コーヒーやドリップコーヒーを購入した場合、年間でいくら利用しているかを計算したことはありますか?

例えば、1本100円のコーヒーを1日1本×出勤日数:20日で購入したとします。

そうすると、

毎月:2,000円 / 年間:24,000円

をコーヒー代金として使っていることになるのです。

年間の金額にすると、想像よりもびっくりしませんか?

自販機やカフェなど、その他でも利用した分だけコーヒーやドリンク代金がかかります。

外出時のコーヒー購入をゼロにする必要はありませんが、マイボトルと併用することで購入数が減り、節約に繋がることを想像して頂けると思います!

また、紙やプラスチックのカップの使用をマイボトル持参によって削減できるので、環境にも優しいですね。

時間が経っても淹れたときのままでおいしい

マイボトルでコーヒー持ち運べば、温かいor冷たいおいしい状態をいつでも楽しむことできます。

通常のコーヒー1杯よりも多い量を持ち運べて、時間が経っても淹れたときの温度で飲めるメリットは大きいですね!

セブンイレブンのドリップコーヒー(ホット)で比較


■Rサイズ(レギュラー) → 150ml 程度 
■Lサイズ(ラージ) → 235ml 程度
※公式発表がないため調べた限りでの結果になります。

300mlのマイボトルを使えば、セブンイレブンのLサイズホットコーヒーよりも量が多いですね!

気分リフレッシュ目的のオフィス利用はもちろん、暖かい日の公園やハイキングなど、いろいろ場所で活躍が期待できそうです。

コーヒー1杯で起こる効果をまとめた記事があるので興味のある方は合わせてご覧ください!

>>>【コーヒー1杯】秘められた美肌&ダイエット効果を徹底解説

コーヒー用のマイボトルを選ぶ時のポイント

O-DAN

コーヒー用のマイボトルを購入するときは、「匂いがつきにくいか」「保温性・保冷性に優れているか」「持ち運びがしやすいか」「洗いやすいか」の4つのポイントを意識して選ぶと良いです。

それぞれ詳しくご紹介していきます。

ポイント①匂いがつかないボトル

コーヒーを入れて持ち運ぶ回数が増えるほど、コーヒーと何かが混ざった独特の嫌な臭いがしてくることがあります。

これは、ボトルに付属しているゴムパッキンや水筒本体内の汚れが原因です。

内側にテフロン加工を施したり、金属ではない素材のボトルを選ぶことで、臭いの発生を防ぐことができます。

また、臭いは洗い残しやゴムパッキンの汚れなどが原因なので、重曹+お酢に本体をつけたり、100均で購入できるボトル専用ブラシなどで念入りに洗浄すれば臭いを十分落とせます。

(※つけ置き不可の製品もあるので説明書を読んでからお試しください)

こまめにお手入れしていけば、長く愛用することができますね!

ポイント②保温性・保冷性に優れたボトル

いつでも美味しいコーヒー飲めるように維持するためには、保温性や保冷性に優れたタイプを選びましょう。

保温性の高い製品を選ぶことで、温度を保てることはもちろん、コーヒーの酸化防止を期待できます。

飲み口が大きいボトルは小さいタイプよりも空気が入る隙間が広いため、中身が冷えやすいです。

また、大容量タイプだと、飲んで蓋を閉めるを繰り返すたびにボトル内の空気が増えていき、最後のほうに残っているコーヒーは酸化しがちです。

大口タイプのボトルは適度な容量のもの(420ml前後)を選んだり、大容量タイプは家族で飲むなど、短時間で飲み切る場合に使用すると良いでしょう。

Point

コーヒーは淹れてから時間が経つほど酸化し、味が変わります。ホットコーヒーの酸化は、中身が冷えたり、ボトル内の空気に触れることが原因です。

ポイント③持ち運びやすいボトル

コーヒーボトルのほとんどが350~500ml程の容量で設計されています。ボトル製品によっては、同じ容量サイズのペットボトルよりも大きいことがあるようです。

「普段500mlペットボトルを持ち歩いているバッグでも、同量のマイボトルは収納できなかった」なんて声もあるので、マイボトルを購入する際はサイズ確認も必要ですね。

また、相場よりも安価すぎる製品は、蓋のしまりが緩いなど、もともとの造りが雑な場合があります。マイボトルの相場は、2,000~4,000円程度なので、1,000円をきる商品はあまりお勧めできません。

最後に、ボトル本体の重量も持ち運び時の大切なポイントです本体重量+ドリンクを足した重さがストレスなく持ち運び出来るかも注意しましょう。

持ち運び時のチェックポイント
  1. バッグに入るサイズか?
  2. 相場より安すぎないか?
  3. ボトル本体重量とドリンクを足した重さは持ち運びに適しているか?

バックの種類にもよりますが、ボトル本体にプラスでコーヒー(水分)が加算された重さになるため、「想像よりも重たかった」なんてことも…。
持ち運びがストレスにならないよう、軽量タイプのボトルがおすすめです。

ポイント④洗いやすいボトル

普段使いや長く愛用できる製品の購入を考えると、洗いやすいかどうかは重要です!

飲み口が細いタイプや付属品が多く洗浄しにくい製品は、洗い残しで臭いがついてしまったり、毎日の洗浄が面倒に感じてしまいます。

仕事やイベント後の疲れた状態で帰宅していれば、尚更洗い物をするのが億劫ですよね。

せっかくマイボトルを購入しても、最初の2.3回だけ使ってその後一切使用しないのは勿体ないです。

ボトルを選ぶ際には、持ち運びや保温性などにあわせて、使い勝手もぜひチェックしてください。

2,000円~4,000円を無駄にしたと思うと、、、、勿体ないですっ!!

マイボトルを使う注意点

O-DAN

メリットの多いマイボトルですが、使用する際の注意点があります。

きちんとした使用の仕方をしないと、思わぬ大惨事になりかねないのでしっかりと守りましょう。

乳製品は注意が必要

乳製品を含む飲み物を、マイボトルで持ち運びたい方は注意が必要です。

乳酸菌飲料などの酸性の飲み物を金属製の容器に入れると、飲み物の中に
金属が溶け出すことがあります。容器や飲み物の注意書きをよく確認し、長
時間の保管はさけましょう。
もし長時間保管した場合は、いつもと違う味や色になっていないか、よく
確認しましょう。

出典:東京都福祉保健局【PDF】水筒、やかんなど金属製の容器の使用方法にご注意ください!

暑い季節は特にですが、乳製品を含む飲料を入れた後の長時間放置は腐敗に繋がります。カフェラテやコーヒー牛乳などを持ち運ぶ際には、暑い場所での保管や長時間放置は禁物です。

また、水筒やボトル製品を多く取り扱う象印 ZOJIRUSHIの公式ホームページに、以下の注意点が掲載されていました。

●牛乳・乳飲料・果汁など成分が腐敗することがあります。
そのまま長く放置した場合は、腐敗によりガス発生し、本体内の圧力が上がり、飲み物がふき出たり、中せん・コップ・せんセットなどが破損して飛散することがあり危険です。

出典:象印 ZOJIRUSHI公式ホームページ【よくあるご質問(FAQ)】

”帰ってきてそのまま放置していたら、ボトルの中身が飛散していた”なんて、想像するだけでも怖いですね。

中身が飛び散るだけならまだしも近くに人がいる状態で飛散し、部品が顔や体に勢いよくぶつかって怪我をしたなんてことになれば、大惨事です。

乳製品以外でも、スポーツドリンクや炭酸飲料・味噌汁など、ボトル製品によっては、使用上の危険を伴う可能性があるので、使用上の注意をよく読み、長時間放置にはしっかりと気を付けたいですね。

私はコーヒーに必ず牛乳を入れるタイプなので、毎日のお手入れには気を付けています!

定期的な部品交換がおすすめ

多くのボトル製品には寿命の決まりはありません。

数年単位で使えることもあれば、買ってすぐダメになるなど、個人の利用の仕方でどれだけ長持ちするかが変わります。

また、どんなに使い方に気を付けていても、毎日使えば部品などの消耗品は経年劣化していきます。

魔法びんで知られるサーモスの公式ホームページでは、パッキンについて以下の掲載がありました。

パッキンは1年を目安にご確認いただき、消耗している場合は交換してください。

出典:THERMOS:よくあるご質問 ・ お問い合わせ

上記を踏まえ、

マイボトルを安全に使うためには、1年ごとを目安に部品の交換がおすすめです。

また、本体に損傷はないのにボトルの中身が漏れだしたり、パーツから臭いがすることがあれば、消耗品の交換時期になります。

お気に入りのマイボトルを長く愛用するために、日頃のお手入れや定期的な消耗品交換を忘れずに行いましょう!

おすすめのコーヒー用マイボトル

O-DAN

コーヒー用のおすすめマイボトルを【200ml~】【300ml~】【400ml~】【カスタマイズ編】に分けてご紹介します。

おしゃれで機能面に優れたマイボトル7選をピックアップしたので、ご覧ください!(※コーヒー用ですが、コーヒー以外のドリンク持ち運びも可能です)

コーヒー用マイボトル【200ml~】

シービージャパン カフア コーヒー ボトル QAHWA 【200ml 】
created by Rinker

■商品詳細
・材質:ステンレス鋼
・容量:約200ml
・ブランド:シービージャパン(CB JAPAN)
・商品重量:約165g
・商品寸法:約直径5.7×14cm
保温効力:85℃以上(1時間)57℃以上(6時間)、保冷効力:9.8℃以下(6時間

ちょっとしたお散歩や休憩中に飲み終えるのに丁度良いサイズになります。飲みきりサイズなのでコーヒーの酸化防止にもなり、直径約:47mmの飲み口は香りを楽しむのにも最適です^^

パール金属 H-6927 【200ml】
created by Rinker

■商品詳細
・材質:ステンレス鋼など
・容量:200ml
・ブランド:‎ パール金属(PEARL METAL)
・商品重量:約180g
・商品モデル番号 ‏ : ‎ H-6927
・商品寸法(約):外径60×高さ145mm
保温効力目安:50度(6時間)、80度(1時間)

ルビーレッドやジタンブルーなど、おしゃれでかわいい6色が揃っています!お値段もお手頃で、普段使いに重宝しそうです。

コーヒー用マイボトル【300ml~】

ドウシシャ(DOSHISHA) スクリュー式 マグボトルmosh! (モッシュ! )【 350ml 】
created by Rinker

■商品詳細
・材質:ステンレス鋼
・容量:350 ml
・ブランド:ドウシシャ(DOSHISHA)
・商品重量:約200g
・商品寸法(長さ×幅×高さ):6.8 x 6.8 x 17.1 cm
保冷保温効力:【保冷】11度以下(6時間)【保温】70度以上(6時間)

牛乳瓶をモデルにデザインされており、360度どこからでも飲める飲み口が特徴的です!蓋自体に滑り止めのようなシリコンがついているので、女性でも開け閉めしやすくて重宝しています。

サーモス 真空断熱ケータイマグ ワンタッチオープンタイプ 【350ml】
created by Rinker

■商品詳細
・材質:ステンレス鋼
・容量:350 ml
・ブランド:サーモス(THERMOS)
・商品重量:約240g
・商品寸法:約幅6.5×奥行6.5×高さ19cm、口径約4cm
保温効力:6時間/69度以上、24時間/39度以上・保冷効力:6時間/11度以下

従来のサーモス製品よりもスリム形状になり、さらに持ち運びやすくなりました!開けやすいワンプッシュフルオープンでコップにも注ぎやすいので、使い勝手抜群です。

KINTO (キントー) トラベルタンブラー 【350ml 】
created by Rinker

■商品詳細
・材質:プラスチック
・容量:350 ml
・ブランド:KINTO(キントー)
・商品重量:280 g
・商品寸法 (長さx幅x高さ):7.36 x 7.36 x 17 cm
保温効力:65度以上 (6時間)、保冷効力:8度以下 (6時間)

真空二重構造で優れた保温保冷効果を発揮し、コーヒーはもちろんお茶やミネラルウォーターなど、ドリンク本来の風味を味わえます!また、飲み口に突起物が無いので、氷や熱い飲み物が勢いよく出る事を防ぎ、最後までストレスなく飲めます。

Klean Kanteen ワイドインスレート ボトルカフェキャップ2.0 【355ml】
created by Rinker

■商品詳細
・材質:18-8ステンレス
・ブランド:Klean Kanteen
・容量:473ml
・商品重量:248g
・商品寸法:H19cm×7.5φcm
保温性能/3時間後:54.3℃(初期温度70℃)・保冷性能/6時間後:6℃(初期温度4℃)

無垢のステンレスボトルと安全性の高いアクリル樹脂コーティングをしたカラーボトルで、持ち運び時が楽しくなります!おしゃれでスタイリッシュな見た目に定評があり、プレゼントとしてもお勧めの商品です。

コーヒー用マイボトル【400ml~】

シービージャパン カフア コーヒー ボトル QAHWA 【420ml 】ステンレス ボトル 真空 断熱
created by Rinker

■商品詳細
・材質:ステンレス鋼
・容量:約420ml
・ブランド:シービージャパン(CB JAPAN)
・商品重量:約230g
・商品寸法:約直径6.7×18cm
保温効力:88℃以上(1時間)66℃以上(6時間)、保冷効力:9℃以下(6時間)

縦のエンボス加工(デコボコ)が空き締めするときに力が入れやすいです。消耗パーツの交換品も公式(シービージャパン)で販売しているので、交換しながら愛用しています。

同じシービージャパンより、エヴァンゲリオンシリーズボトルが発売されています!シンプルでおしゃれな色なので、普段使いにも良さそうですね♪

エバンゲリオン好きには必見の商品です!!
Amazon楽天でも取り扱っているので、是非チェックしてみて下さい。

コーヒー用マイボトル カスタマイズ編

タイガー魔法瓶から発売されているCUSTOM BOTTLESは、名前の通り、カラー11色・サイズ【350mL】【500mL】【600mL】から、お好みにあわせてカスタマイズすることができます。

また、4種類のせん(ワンプッシュせん・スクリューせん・ワンプッシュ抗菌加工せん・スクリュー抗菌加工せん)を選ぶこともでき、おしゃれで実用的な商品です。

毎日持ち運びできる軽さと、6時間キープする保温力/保冷力、さらに500・600mlの大容量サイズもあるので、家族旅行などでも活躍が期待できますね!

 >>【タイガーボトルサイト】を確認する

色合いや佇まいが優れていて、デスクに置いていてもオシャレな雰囲気が漂います。ほぼ毎日愛用しています。
軽くて使い勝手がよく、手荒に扱っても傷や凹みが気にならない、とても頑丈なボトルです!

まとめ

コーヒー用のマイボトルを利用するメリットから選ぶ時の4つのポイント、使用時の注意点、おしゃれマイボトルおすすめの7選をご紹介しましたがいかがでしたか?

普段使いを考えて、持ち運びやすさや本体サイズ、機能面をポイントに、洗いやすい・お手入れしやすい製品を選ぶことが大切です。また、長く愛用するためにも、消耗品の交換は1年ごとを目安に行いましょう。

この記事を参考に、これからはおしゃれなマイボトルでコーヒーを楽しんではいかがですか?

最新情報をチェックしよう!
広告